お仕事の内容と収入 お仕事の内容と収入
スタッフコラムcolumn

プロダクション移籍の際の注意点

プロダクション

AV女優の仕事をしていると、プロダクションを移籍しようかな……と考えてしまうこともあるかもしれません。
この記事では移籍を検討する際の注意点をまとめましたので、ぜひご参考になさってください。

 

 

1. 移籍して良くなるとは限らない
プロダクションを移籍したからと言って、必ずしも状況が改善されるとは限りません。
リサーチ不足だと逆に今の状況より悪化してしまうことも考えられます。
まず、自分が現在のプロダクションを移籍したい理由を考えて、その原因は自分にあるのか、それともプロダクション側にあるのかを整理してみましょう。
もし原因が自分にあるのであれば、移籍しても状況は改善されません。その場合は、周りを変えるより自分を変える方が早いでしょう。
もしプロダクション側に問題がある場合はまずプロダクションに悩んでいる状況を相談し、自分の希望を伝えてから、その後の対応を見て判断しても遅くはありません。
「隣の芝生は青く見える」と言いますが、他のプロダクションに所属している女優の話を聞くと、羨ましく思えてしまうものです。
どのプロダクションにも、良いところもあれば悪いところもあります。
また、他の女優さんに合ったプロダクションだったとしても、自分にも合っているとは限りません。
後々後悔しないように、しっかり決断することが必要です。

 

 

2. スカウト経由は要注意
スカウトからAVプロダクションを紹介してもらった場合、その後の自分のギャラの手取り分が少なくなってしまう可能性があるので要注意です。
スカウトは、自分が紹介した女優の仕事の何割かを紹介手数料として貰うことで生計を立てています。
一つの作品に対する予算は限られていますから、スカウトが紹介手数料を貰えば、その分女優側のギャラは減ることになります。
スカウト経由の場合は、その点をしっかり理解した上で利用しましょう。

 

 

3. 甘い話には要注意
業界の中には、女優を確保したいがために「お祝い金が出る」と言ったり、破格の条件を提示したりするところもあります。
しかし、所属してみると払われるべきお金が払われなかったというトラブルはよくあります。甘い話には注意しましょう。

タグ

AV女優になる

AV女優の日常

AV女優の現実

プロダクション

企画女優

演技について

身バレ・親バレ

;