お仕事の内容と収入 お仕事の内容と収入
スタッフコラムcolumn

単体女優になるのは大変なの?

AV女優になる

AV業界では平等ではないことも多いのです。特にAV女優は出演することでそれに触れることが多いことを、プロダクションとの面接の前に知っておくことをお勧めします。

AV女優身分制度のトップに君臨するのは、単体女優です。セクシー女優としてメディアで活躍されているタレントさんを見掛けた方もいるのではないでしょうか?そのような方こそ単体女優。名前を与えられ、制作会社であるレーベルと契約本数が決められます。高額な報酬を受けることが可能です。

ただし良いことばかりではありません。課せられるプレーもハードになったり、契約を履行することができないと違約金を支払わせられる可能性も。プロ意識がないと単体女優になれません。かわいいだけスタイルが良いだけではなれないのが単体女優です。

その下に位置するのが企画単体女優。制作会社からオファーがあれば出演していくかたちです。名前を与えられますので、それなりに知名度が高く、そこから単体女優への道も切り拓ける身分です。報酬も高めですので、ここを目指すのが現実的。

そして最下位に位置するのが企画女優。「素人」と名がつく作品に出演させられることが多い女優さんです。報酬も少なめになりますが、普通の会社員としては満足できる金額です。

最下位に位置すると書きましたが、ほとんどの女の子がここからスタートすることになりますので、悲観する必要はありません。ここから人気が出る女の子もいますし、ここで着実に出演していき報酬を稼ぎ、企画単体女優になることもあります。

どこに位置していようとも稼ぐ目的を持ち、プロダクションがしっかりしていれば目標の報酬を得ることができます

タグ

AV女優になる

AV女優の日常

AV女優の現実

プロダクション

企画女優

演技について

身バレ・親バレ

;