お仕事の内容と収入 お仕事の内容と収入
AV女優って危なくない?
ちゃんと辞められる?

AV女優って危なくない?
ちゃんと辞められる?

1. 「AV業界は危ない」って、いつの時代?

AV業界に対して、漠然と「強制的に出演させられるのではないか」「騙されるのではないか」「一度やったら戻れないのではないか」「脅されるのではないだろうか」などの悪いイメージを漠然と持っている方はいないでしょうか。確かに、昔はそういったトラブルもあり、社会問題になったこともありました。しかし、現在はコンプライアンスも厳しくなり、昔起こったような強制出演などのトラブルはなくなりました。きちんと書類でやり取りを行えば、プロダクションを辞めたいのに辞められない、という問題も起こりません。昔と比べて現在AV業界はかなり大きくなっており、活動しているAV女優も1万人を超えるとも言われています。逆に、強制出演だったり、詐欺だったり、辞められなかったりすることがあるような業界であれば、あっという間に明るみになっているはずなのです。

2. バレないか不安な方へ

AVの作品は、月に何百本という数が新しくリリースされています。
AVを始めたばかりの無名な新人が仮に1本だけ出演したとしても、それが知り合いにバレてしまう、というのはかなり珍しい確率です。
それがエキストラや、複数人出演する作品のうちの一人、というものであればなおさらバレる確率は低くなります。
逆に言うと、1本出演したくらいではAV業界で有名になって成功することは難しいのです。

3. 一度出演してみてから考えても遅くない

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という言葉があります。
これは中国のことわざで、「危険をおかさなければ大きな成功や功名は得られない」という意味です。
AV業界の正しい実情については一般的にはあまり知られていないので、大丈夫かなと不安になってしまうかもしれませんが、知らないものに対して不安を覚えるのはそもそも当たり前のことです。
AV女優の場合、先述したように、1本程度の出演で身バレしたり、拡散されてしまう可能性は低いです。
ですから、AV女優に興味のある方は、一回出演してみてから、続けられそうか、それとも辞めるか考えても遅くはありません。
もし挑戦をしなければ、AV女優として大金を稼ぐことも、有名になることもできません。
一度プロダクションの面接を受けてみると分かるのですが、AV業界とはいえ働いている人たちはごくごく普通の人たちばかりです。
最近は特に女性スタッフも多いです。

4. 夢を叶える手段としての「AV女優」

AV女優の方は、収入を上げたい、貯蓄に回したい、学費にあてたい、奨学金を返したい、借金を返したい、買い物をしたい、海外旅行をしたい、引っ越しをしたい、自分のお店を持ちたい、など、皆自分なりに目標をもって仕事をしています。
AV女優は若い方が歓迎されます。
若い女優を視聴者は好みますし、体型の変化も少ないからです。
AV女優に興味のある方は、興味を持った今が一番のチャンスです。
ご自身の夢を叶えるために、まずは1回だけでも、ぜひAV女優に挑戦してみてはいかがでしょうか。

;