お仕事の内容と収入 お仕事の内容と収入
AV女優になるには

AV女優になるには

まず、AV女優になるための最低条件は、以下の3つです。

①18歳以上
②高校卒業以上
③健康である

これらをクリアしていれば、基本的に誰でもAV女優になることができます。

年齢については、免許証やマイナンバーカードなどの身分証明書で確認されますので、嘘をついても必ずバレますのでご注意ください。

これらをクリアしたあなたはAV女優としてデビューする資格があるわけですが、AV女優は必ずどこかのプロダクションに所属しないと活動することは不可能です。

次にすべきことは、プロダクション探しです。まず、AV女優のプロダクションを探してみましょう。いくつもプロダクションが出てきますが、一番大切なのは「自分に合うか」という点です。

プロダクションは、女優のスケジュール管理や仕事の管理をしてもらったり、撮影への同行をしてくれたり、AV制作会社へ営業して仕事を取ってきてくれたり、ギャラの管理をしたりしてくれます。女優とプロダクションは二人三脚で仕事をしていく形になりますので、なんとなくでも「合わないな」と感じるところに所属してしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

サイトの雰囲気を見たり、所属している女優の系統や仕事内容を見て、自分に合っていそうなプロダクションを絞り込みましょう。絞り込めたら、応募します。最近だと気軽にLINEで応募することができるプロダクションも多いようです。

そしていざ面接となりますが、このとき、必ず免許証やパスポート、マイナンバーカードなどの身分証明書を忘れないようにしましょう。

応募時だけではなく、面接時にも必ず年齢確認をされます。年齢確認ができないと、最悪面接中止になることもありますので、大事なポイントです。

面接の流れは、大抵の場合アンケート記入→面接担当と面接、という形です。あらかじめ聞いておきたいことがある場合は、メモにまとめておくと良いでしょう。

また、できるプレイ・できないプレイについては必ず聞かれるので、事前に考えておいた方が良いかもしれません。

面接に合格したら、正式にプロダクション所属の手続きを行い、AV女優スタートです。

;